2006年04月16日

生まれ持った性格はしつけでは矯正できない

興味深い「見出し」だなぁ〜と、じっくり読みました。
何でも、生まれつきの性格があるとか。

赤ちゃんはまっさらな状態で生まれてくるのかと思っていましたが、子供を産んで思い当たる節があるのに気付きました。

そういえば・・・
兄妹でも、同じ親から生まれているのに、3歳くらいまでにはその子なりの性格がでています。

江原啓之先生は「その親を子供が選んで生まれてくる」と言っています。




その子なりのペースがあることは、私自身で確認できています。

3人兄妹の中の一番最初の子、長女の私ですが、本当にの〜んびりしています。マイペースもマイペースで、ちゃきちゃきの母親からすると「イライラ」するみたいです。

だから、「なんで、そのくらいの時間でできないの」とか「早くご飯を食べなさい」とか、私に強要するのですが、私は、(早く、早く)と内心焦るばかりで、その時の内容も覚えていないし、ご飯を食べた気にもなりませんでした。

でも、今になって思うワケです。というより、江原啓之先生の本と出逢って思ったわけですが、

「親からすごく言われることは、あなたの人生においての課題かもしれないー」

なるほど〜(*_*)
前世でもこうだったから、今世ではそのカルマを消化しましょう。といった感じなのでしょうか・・・

で、最終的に親としてはどうしたらいいのかというと、

親の勝手な理想をつくりあげて、その理想にそぐわなかったからといって 『叱りつける』のはいけない。
その子の「もともとある性格をよく見て、のびのび育ててあげて下さい。

と、いうことらしいです。
はて、私に出来るでしょうか^^;
今になって、親の気持ちがわかります。。。

banner_02.gifブログランキングに参加しています。

posted by りんりん at 22:51| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。