2006年04月27日

どうしたら幸せになれるか

「どうしたら幸せになれるんだろう?」

あるとき26歳のお友達が私にこういいました。
私も若い頃、同じ悩みを抱えたこともありました。

『自分の幸せって何なんだろう?』

ですが、人生色々あると不思議なもんです。江原啓之先生との出会いでも大きく変わってきましたが、段々その答えが解ってきたのです。

「幸せとは?」

今の私だったら「これですよ!」と言い切れる気がします。





江原先生の本の中でこんな台詞があります。

『幸せは「与える」ことでやってくる』

さて、ここである男性の話をしましょう。
その人は妻子持ちで別に心を揺れ動かされた人がいました。
次第に二人は愛し合うようになり、男性は奥さんと離婚を考えます。
ですが、月日がたった時、奥さんのところへ帰っていきました。

何故だと思いますか?

その男性が彼女とやり直したいと思ったのは本当の話です。その時の気持ちも本気でした。ですが、その間も奥さんは不安を抱えながら男性に尽くしていました。旦那さんが帰ってこなくても、旦那様に心配させないよう育児や家事もきちんとこなしていましたし、彼女の存在に気付いても男性に対する思いやりがありましたし、一生懸命どうしたら彼が喜ぶかを考えていました。

ですが、当の彼女は「まだ別れてくれないの!」「私とやり直すって言ったじゃない!」「もっと私を愛して!!」と、いつしかののしるようになりました。

そうこうしているうちに、男性は気付きはじめます。そして彼女にこう言ったのです。

「お前は求めてばかり。奥さんは何の見返りも求めずに俺の為だけを思って尽くしてくれる」

結局、奥さんがどれほどの強い愛で自分を愛してくれているのかが解ったのです。彼女は自分が幸せになりたいー。だけど、奥さんはあなたが幸せになってくれればいいー。誰を基準に幸せを考えているか。。。彼が気付いたのはその違いでした。

「あなたが愛情を求めるのなら、まず愛情を与えればいいのです」

江原先生のこの言葉をきいて彼等のことを思い出しました。
多分、もし彼女が、奥さんの愛の示し方とまったく同じだったとしたら、彼は彼女を選んだと思います。それは、「奥さんとは価値観が合わない」ということで彼が悩んでいたというのが理由です。彼女とはほとんどの価値観が共感できていたからです。
ですが、この奥さんには「彼女には無い愛の深さ」があったのです。

この本は、恋の悩みを解決する処方箋が279ページに渡り詳しく掲載されています。興味のある方はここからでも購入できますよ。(アマゾンサイトにとびます)




banner_02.gifブログランキングに参加しています。

posted by りんりん at 23:52| Comment(2) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます、りんりんさん^^

愛情を求めるなら愛情を与えるかぁ。。。

そうですね^^
私はまず愛情を与える相手を探さないと(T▽T)

いつかこの人が幸せになってくれればそれだけでいい
って言える相手に出逢いたいです
この人の幸せの相手は私じゃないと嫌
って考えがあるうちはダメですねぇ
Posted by ユー太 at 2006年04月29日 10:26
おはようございます!ユー太さん^^

みんな一緒ですよ〜♪(←多分^^:)
私なんか、偉そうなこと書いておいて、

「おまい、幸せにせろ!」(なぜかチャンネル用語〜♪)

と寝ている旦那にビームを送り、洗脳しています^^

・・・私も修行せねば(T▽T)

Posted by りんりん at 2006年04月29日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。