2007年11月14日

江原啓之先生が説く!子供のひきこもり・子供が働かない

江原先生は凄いですね!

ひきこもりやニートについての話題なのですが、今は30代の後半になってもまだ家に居るというケースをよく耳にします。


今回は子供のひきこもりや子供が働かないことについて書かれている本を取り上げてみたいと思います。江原先生の判断は本当に的を得ていると思います。人間は誰しも引きこもりの要素なんて持っていると思うのです。だから何となく、引きこもったり働けない理由も分かる様な気になっています。


三十代になっても、まだ引きこもっているという場合、親に愛されていない証拠だと仰っています。そうなる前に、治療するなり、家族全員で生活環境を変えるなり、その子のために出来ることがいろいろあったはずです、とも。


とても考えさせられます。これだけの日本の人口での引きこもり率の多いこと!早く何とかしなくては!!
さて、こうした場合、どうすれば子供が自立していくのか?
今回はこのことを話題にしたいと思います。
続きを読む
posted by りんりん at 18:30| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。